DREAMS KABU TRUE 米国株投資

30代スケーター 。自分も含め投資初心者の為の資産形成や米国株の勉強に

ふるさと納税『詐欺』が横行。見分け方とは

f:id:hey-rasshy:20181221001758j:plain

 

年末にかけ、ふるさと納税の駆け込み需要が高まる中、詐欺が横行している模様。

詐欺に引っ掛かると以下の3つのパターンが考えられるとの事です。

  1. お金を支払ったにも関わらず、商品が届かないといったケース
  2. 返礼品は送られてくるものの、公認ではない為、ふるさと納税のメリットである税金の控除が受けられないケース
  3. 偽サイトを利用したことで、住所やクレジットカード番号などの個人情報が流出してしまうケース

 

見分けるポイント

  • 意味不明な日本語で説明が表示される
  • 返礼品は、その自治体の特産品であるはずなのに、海外からの取り寄せと謳っているサイト
  • ふるさと納税に値引きはないので、値引きをしているサイトは詐欺で間違いない

ふるさと納税をされる際は、レビューを見るなどして確認された方がいいかもしれませんね。

PayPayキャンペーン

100億円あげちゃうキャンペーン」では

購入額の20%が還元されるというこもあり

沢山の方がPayPayを使用されたのではないでしょうか。

 

私は初めて電子決済を使用したのですが、財布からお金を出す手間もなく、

すごく便利だなと感じました。

 

また使用しようと思ってたのですが、

予想以上に早くキャンペーンが終了してしまったので残念です。

 

節約にも繋がりますし、また同じようなキャンペーンがあれば活用したいものです。

 

 

 

 

 

 

B503 【ふるさと納税】ザ・コラーゲンドリンク1ケース

価格:10,000円
(2018/12/18 17:33時点)
感想(39件)

今年も残すところあと数日!ふるさと納税はまだ間に合いますのでお早目に

もうふるさと納税はされましたか?

とてもお得な制度なので、是非活用してみて下さい。

実質個人負担額が2000円で、納税した自治体の特産物が御礼として貰えるという仕組みです。

納税の上限額は個人によって異なるので、ウェブサイトでシミュレーションしてみて下さい。

 

 

数年前までは確定申告をしないと、納税しても控除されなかったので、面倒だからやらない人も多かったのではないでしょうか。

でも現在は「ふるさと納税ワンストップ特例」といい、

寄付先が5つまでなら、確定申告の必要もなく、郵送されてきた申込書に記入して返送するだけと、とても簡単になっています。

 

今年度分の申し込み期限は12/31までなので、まだ間に合います。

来年以降、返礼品は納税額の3割までと規制が強化されるようなので、今年はおすすめです!

日本人はお金に関する知識が低い⁉︎


お金に関する知識のことをマネーリテラシーと言い、日本人はこのマネーリテラシーが低いと言われています。

  • お金の話をするのは汚い
  • お金は銀行へ預金しておけばいい
  • 株式投資は損をする

そう思われてる人が多いはずです。

 

私自身もマネーリテラシーの低い家庭で育ってきた為、株式投資は損をするから絶対してはいけないとか、銀行に預金しておけば大丈夫と言われてきました。

 

昔はそれでも良かった のです。なぜなら、昔は銀行に預金していても8%もの金利が付いたそうです!

もし100万円預けていれば、1年後には108万円にもなります。2年後には116万円に。

ですが、現在は金利の高いところで0.02%なので

1年間預けても200円にしかなりません。

 

株式投資なら長期運用で年平均5%の利回りが期待でき、間違った商品を購入したり、間違った運用さえしなければプラスになると言われています。

 

お金について考えることは非常に重要で、私自身、もっと勉強してマネーリテラシーを高めていきたいと思っています。

 

[rakuten:f432130-uki:10000308:detail]

投資初心者ならではの失敗

私が投資を始めたキッカケなんですが、今年話題になった仮想通貨への投資が始まりです。

もともと私はギャンブルが嫌いで、パチンコもしたことがなく、投資とは無縁の生活を送っていました。 

 

そんな私が、友人から初めて仮想通貨の話を聞いた時、

これはスゴイとすぐに某サイトへ登録しました。

 

あの時は、価格が日に日に上がっていたので、早く投資をしたくてウズウズしていたのを今でも覚えています。

 

よく調べもせずにリップルネムを購入して、

これで金持ちになれると、今思えばホント馬鹿な夢を見ていました。

 

そこから価格はズルズルと落ちていき、結果15万円の損失。

 

たかが15万円かと思うかもしれませんが、ギャンブルもしたことがない自分にとって、15万円は大きすぎました。

 

この経験を機にいろいろと勉強して、堅実な運用をしようと思ったのが米国株投資へのはじまりです。